鉄道模型の魅力を知ろう

鉄道模型記事一覧

鉄道模型のジオラマの魅力

鉄道模型ジオラマとは、本来、列車が走行しない鉄道模型のことですが、列車が走行する鉄道模型であるレイアウトと混同して使われることも多い言葉です。鉄道模型ジオラマは、列車を走行させない分、レールを途中で途切れさせることができます。そのため、駅だけの情景といった小さな規模でも作れるのが魅力です。鉄道模型レ...

≫続きを読む

 

鉄道模型のレイアウトは自分で作る?

鉄道模型レイアウトとは、模型の列車を走らせるための情景の模型のことです。情景の模型の呼び方としては、ジオラマの方が一般的だと思いますが、鉄道模型では、車輌の走行が可能なものをレイアウト、車輌も情景の一部となっていて動かないものをジオラマ(シーナリーセクション)と呼んで区別しています。鉄道模型レイアウ...

≫続きを読む

 

鉄道模型メーカーの特徴

鉄道模型メーカーとして、真っ先に思い浮かぶのがメルクリンです。メルクリンは、世界最大にして最古の鉄道模型メーカーで、頑丈さと運動性能を重視した鉄道模型を製作しています。鉄道模型の流れを変えたといわれているバセット・ロークは、イギリスの鉄道模型メーカーで、初めてスケールという概念を鉄道模型に取り入れま...

≫続きを読む

 

鉄道模型のNゲージとは?

鉄道模型Nゲージとは、線路の幅が9ミリで、縮尺148分の1から160分の1の鉄道模型規格の総称をいいます。海外では、HOゲージが主流となっていますが、日本で一番普及している鉄道模型規格はNゲージです。アメリカなどでは、鉄道模型NゲージのことをNスケールと呼ぶこともあります。鉄道模型Nゲージは、国によ...

≫続きを読む

 

鉄道模型のHOゲージとは?

鉄道模型HOゲージは、ハーフOゲージの略で、国際的には縮尺87分の1、軌間16.5ミリの鉄道模型のことです。アメリカではHO(エイチオー)、ヨーロッパではH0(エイチゼロ)と呼ばれています。HOは1920年代にイギリスで発祥した規格名なのですが、そのイギリスではよりキリのいい4ミリスケール(縮尺76...

≫続きを読む

 

鉄道模型の趣味にはお金がかかる?

鉄道模型趣味には、お金、時間、手間がかかるため、余裕のある知的な男性の趣味というイメージがあります。世界中に鉄道模型趣味を持つ人がいますが、日本でも、加山雄三、タモリ、石坂浩二、関口宏、原田芳雄、江崎玲於奈、半田健人、石原良純、秋本治、中川家礼二など、たくさんの有名人が鉄道模型趣味を持っているのです...

≫続きを読む

 

中古の鉄道模型ってどう?

中古鉄道模型は、その名の通り、中古の鉄道模型ですが、ものによっては新品の鉄道模型よりも高値で取引されています。鉄道模型の中には、たった一度、短い期間しか発売されなかったものなど、現在では入手困難なモデルも多いためです。もちろん、新品より安い鉄道模型もたくさんあります。中古鉄道模型のニーズはとても高く...

≫続きを読む

 

PCソフト、鉄道模型シミュレーターってどう?

鉄道模型シミュレーターは、アイマジック社が販売しているVRM(VIRTUAL RAILROAD MODELS)とも呼ばれるパソコンソフトです。鉄道模型シミュレーターを使えば、手軽にスペースをとることなく、鉄道模型レイアウトを楽しめるので、鉄道ファンの人気を集めています。鉄道模型シミュレーターは、オン...

≫続きを読む

 

鉄道模型、ミニSLの魅力って?

鉄道模型ミニSLには、手のひらサイズのものから人が乗れるサイズまで、いろいろなものがあります。SLの力強いフォルムに歴史とロマンを感じる鉄道模型ファンが多いのでしょう。人が乗れるサイズの鉄道模型ミニSLは、1974年開園の児童遊園施設である愛知こどもの国で、こども汽車として設置されて以来、日本中の遊...

≫続きを読む

 

NHKの鉄道模型番組って?

NHKの鉄道模型番組で、鉄道模型の楽しさを知って、鉄道模型ファンになった人も多いと思います。または、NHKの鉄道模型番組をみているうちに、以前やっていた鉄道模型レイアウトの趣味を思い出して、もう一度、やってみたくなったかつての鉄道模型ファンもかなりいたようです。中級、上級者以上の鉄道模型レイアウトフ...

≫続きを読む

 

鉄道模型を通販で買ってみる?

鉄道模型通販なら、自分のほしい鉄道模型を安く手軽に購入することができます。鉄道模型ファンは多いので、たくさんの通販ショップがありますが、届いてから動かないと面倒なので、動作確認を行っているところで買う方がいいでしょう。鉄道模型を丁寧に梱包してくれる良心的な通販ショップで買わないと、届いた時には破損し...

≫続きを読む